生活に役立つ豆知識まとめサイト

日常生活での疑問や豆知識についての情報発信ブログです。

糖尿病予防に効果!血糖値上昇を防ぐのは朝起きてすぐのアレだった!

   

血糖値上昇

http://medical-checkup.info/article/44936157.html

糖尿病の予防や対策で最も重要なことは血糖値を上昇させないことというのは誰もが認めるところでしょう。

血糖値を上昇させないために色々試行錯誤されている糖尿病患者や予備軍の方もいると思いますが、実はとてもシンプルなことで1日の血糖値上昇を抑えられることができます。

それは、朝起きたらすぐに朝食を食べるということです!

朝は、少しでも長く寝ていたいから朝食なんて食べてる時間がない!なんていう方は注意が必要ですよ。

朝起きると血糖値は下がった状態にありますが、朝食を食べなくても昼の活動で徐々に血糖値は上昇していくものなんです!

朝食を抜いて、昼食までにお腹が空いたからといって何か口にするともう最悪です。

1日の血糖値リズムが完全に狂ってしまいます。

先ほども説明しましたが、朝食を食べなくても昼に向けて血糖値は上昇していきます。その上昇途中で何か食べてしまうとさらに血糖値があがってしまいます。

そして血糖値が下がらない状態で昼食を食べるとさらに血糖値が上昇し、夕食まで影響してしまうのです。

スポンサーリンク

 

朝起きてすぐにご飯を食べると良い理由は?

朝食

http://www.zen-marche.com/212

血糖値は常に上昇し続けるというわけではありません。

朝目が覚めた状態の時は血糖値が下がった状態になっています。その下がった状態ですぐに朝ごはんを食べてしまうのです!

そうすると血糖値は一時的に上昇しますが、昼に向けて徐々に下がっていき、血糖値が下がった状態で昼食をとり、また夜に向けて血糖値が下がっていくというわけです。

なので、朝起きてすぐにご飯を食べると昼食も夕食も血糖値が下がりきったところで食事をとることになるので、1日の血糖値の上昇を最低限にコントロールできるというわけなんです!

スポンサーリンク

 

血糖値を下げるには食生活の見直しも必要!

食生活の見直し

http://www.club-fn.com/139/

血糖値の上昇を抑えるためには朝起きてすぐの朝食がおススメですが、食事内容にも気をつけなければいけません。

炭水化物を取りすぎると血糖値を上昇させてしまうので注意が必要です。炭水化物は摂取カロリーの半分にしましょう。

食べ過ぎにも注意が必要です。腹八分目で我慢しましょう。

食事制限にも関係してきますが、「早食い」も血糖値を上昇させてしまう危険があるうえ、満腹感を覚える前に食べ物を食べてしまうのでついつい食べ過ぎになってしまいます。

満腹感を得るために十分は咀嚼をしましょう。食べ物は20~30回程度咀嚼して、1回の食事は20分ほどかけてゆっくり食べるようにすることが重要です。

血糖値上昇を抑えるには食べる順番も重要!

食事の際には食べる順番に気をつけると血糖値の上昇を抑えることができます。

野菜や海藻類などの食物繊維を先に食べておくと、炭水化物の吸収を抑えてくれます。食物繊維の次は、肉や魚を食べて最後に炭水化物を摂るようにするといいです。

また、お酢やオリーブオイルには血糖値が急に上昇するのを防ぐ効果があるので、調理する際に積極的に使いたい調味料と言えます。

まとめ

糖尿病の予防は、血糖値を上昇させないことが重要で、食生活で気をつけることとして、朝起床してすぐに朝食を食べることが重要になってきます。

血糖値をうまくコントロールするためにも早起きを心掛けて、しっかりとバランスの取れた朝食を食べる習慣をつけるようにしましょう。

スポンサーリンク