生活に役立つ豆知識まとめサイト

日常生活での疑問や豆知識についての情報発信ブログです。

子供の歯並び矯正はいつから?費用はどれくらいかかる?

      2016/01/11

子供の歯並び矯正

http://www.hatasika.com/menu02/

子供の歯並びが悪いと、とても心配になりますよね。

矯正をするにしても、小さいころに始めたほうが良いのか、それとも、ある程度子供が大きくなってからにしたほうが良いのか迷います。

そこで、子供の歯の矯正について、いつから始めるのが最善か、また、気になる治療費についても考えてみましょう。

スポンサーリンク

 

子供の歯並びの矯正はいつから?

子供の歯

http://www.kagadental.com/correct/

結論から言いますと、矯正治療を始める最適な時期は、人によって異なります。

つまり、皆が同じように何歳から始めたらよい、と言えるものではないのです。

それでも、子供の矯正に関して、少なくとも7歳までに始めることは、まず稀です。

小さな子供に歯の矯正をすることは、かなりの負担となるので安易に早めの治療を行うのは危険なのです。

一般的には、7歳から12歳までの「第一期治療」と、全ての歯が永久歯に生えそろう12歳以降の「第二期治療」の2つに分けて、治療時期を見極めていきます。

症状により、「第二期治療」から始めることもありますし、必要な場合には、「第一期治療」を行った後、「第二期治療」に移行することもあります。

最近では、できるだけ早い年齢で矯正を始めることが勧められています。

そのほうが、抜歯や矯正期間を短くできるというメリットがあるからです。

目安として、7歳頃には一度、歯医者で歯並びを確認してもらうと安心ですね。

スポンサーリンク

 

矯正時期に影響する要素とは?

では、治療時期が異なる要素としては、どんなことがあるのでしょうか。

早めの治療を開始したほうが良い状況として、歯並びに影響を及ぼすクセがあること、骨格のズレなどがあります。

これらの要素は、早めに治しておかないと、永久歯がキレイに生えてこなかったり、再び歯並びを悪くする恐れがあるからです。

そのため、永久歯が生えてくるのにふさわしい顎の環境であるかどうかを確認し、必要であれば早めの治療、つまり、「第一期治療」を始めます。

ここで、適切な治療を受けておくと、苦痛の軽減にもなりますし、治療費の削減にもなります。

子供の歯並び矯正の費用は?

人によって「第一期治療」だけで治療が終わる場合もありますし、「第一期治療」「第二期治療」の両方が必要な場合もあるので、全体の治療費には個人差があります。

おおよそですが、「第一期治療」には、30万円~60万円程度、続けて「第二期治療」に入る場合には、さらに、25万円~65万円程度必要になります。

「第二期治療」から治療を開始した場合は、目安として、70万円~100万円程度です。

普通、歯並びの矯正治療は、健康保険は適用されません

かなりの金額がかかりますので、治療前にしっかりと治療費の見積もりをしてもらいましょう。

スポンサーリンク