生活に役立つ豆知識まとめサイト

日常生活での疑問や豆知識についての情報発信ブログです。

入浴は午後9時がいい理由とは?1日の疲れや肩こりもスッキリ解消!?

   

入浴

http://www.fuu-bath.net/blog/cat2/

毎日の入浴は、体の汚れを落とすだけでなく、心身をリラックスさせ1日の疲れをとる効果があります。

シャワーだけの入浴をする方、熱いお風呂に入るのが好きという方など、人によりスタイルが違うかもしれません。

入浴の時間帯も人により異なるでしょう。

ところで、疲れや肩こりを解消するのに、午後9時の入浴が効果的なのをご存知でしょうか?

それには理由があるのです。ここではその理由と、疲れや肩こりに効く入浴方法をご紹介します。

スポンサーリンク

 

生体リズムに合わせることができる

背伸び

http://dietbook.biz/senobidiet-1535.html

本来私たちの体には、生体リズムが備わっています。

日中は交感神経が活発になり、夜になると副交感神経にスイッチが切り替わって、体は自然に眠くなります。

このバランスが乱れると、体温調節がうまくできなくなったり、血行が悪くなったりします。

それで生体リズムにのっとって入浴するなら、体の体温を上げ、疲れや肩こりを解消するのに役立つというわけなんです。

体の体温は1日の間に変化します。

午後3時頃に一番高くなり、それを境に下がり始め、午前3時に最も低くなります。

その中間の午後9時に入浴することによって、体温が下がるのを緩やかにすることができるんです。

結果として、1日の体温は高く保たれます。

体温を高めることによって、免疫力もアップし、疲労回復につながります。

また、お湯の温度も大切です。

42度以上の熱いお湯は、交感神経を刺激してしまうので、体をリラックスさせるには38~40度のぬるいお湯が疲労回復に効果的です。

スポンサーリンク

 

血行促進効果がある

ポイント

https://www.yoga-plus.jp/yoga_column/yoga-pause/2028.html

ご存知のように、肩こりは血行が悪くなることによって引き起こされます。

すでに述べたように、午後9時の入浴は体温を上げるのに最も効果があります。

湯船に入って体温を上げるなら、皮下の血管や毛細血管が広がり、体中の血行が促進され、肩こりや冷え性も改善されます。

肩こりを解消するには、38度~40度のぬるめのお湯に肩までゆっくりつかりましょう。

10分ほどつかり、体を十分に温めてから簡単な運動をすると効果があります。

肩にシャワーで熱めの湯をかけながら、ゆっくり肩をまわします。

片方ずつまわし、首も同じようにシャワーをかけながらまわします。

入浴と運動により、血行がより促進され肩こりの改善が期待できます。

入浴後、体を温めリラックスした状態でお布団に入ることで、快適な睡眠をとることができます。

快適な睡眠は疲労回復にもつながります。

それで入浴後1時間以内に眠りにつくなら、入浴の効果が保たれます。

毎日の入浴の習慣を大切にし、健康促進に心がけていきましょう。

スポンサーリンク