生活に役立つ豆知識まとめサイト

日常生活での疑問や豆知識についての情報発信ブログです。

北アルプス夏登山初心者に必須の持ち物リストとおススメの服装は?

   

北アルプス登山

http://image.search.yahoo.co.jp/search?p=%E5%8C%97%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%97%E3%82%B9%E7%99%BB%E5%B1%B1&aq=-1&oq=&ei=UTF-8#mode%3Ddetail%26index%3D16%26st%3D560

英国の登山家 W.ウェストンによって用いられて,1890年代末から通称となった北アルプス(飛騨山脈)。

最近山登りが好きになった人にとっては、北アルプスの夏登山は絶対に抑えておきたいところですよね!

挑戦したいけど、どんな準備をしていったらいいのか分からなーい!そんなあなたに、必須の持ち物リストやおススメの服装をご紹介します♪

スポンサーリンク

 

北アルプスの夏登山迷ったらここのコース!

コース

http://rdlf.jp/blog/archives/3504

一言で北アルプスといっても、初心者コースから上級者コースまでさまざまです。

初心者の方におススメは”上高地~涸沢カールコース”

北アルプスの入り口で、観光地の一つでもある、上高地の方から入山するコースです。比較的緩やかな斜面を歩きながら、北アルプスの名峰と呼ばれる穂高岳を眺めることができます。

梓川沿いを登るので、清涼感は最高!ここはぜひ夏に挑戦してください。

また宿泊は涸沢カールで、テントさえあればそこに張ることができます。

夏場は、多くの登山者がそこにテントを張っているので、趣味が同じ仲間と夜通し語り合うのもまた一つの楽しみですよね。

目安として、登りは約6時間、下りは約5時間とされています。

スポンサーリンク

 

夏登山に必須のアイテムはこれ(1泊2日の場合)

・登山靴
自分の足にあったもの、履きなれたもの。

・ザック
30~45Lが目安。ザックカバーもあれば更に安心です。

・雨具
山の天気はすぐに変わります。出発時に晴れていても必ず持って行きましょう。

・コンパス、地図
携帯の充電はいつきれるか分かりません。コンパスと地図を持って行くのは、登山者としての義務です。

・水筒
ポットボトルでも大丈夫ですが、夏場の保冷にはステンレスボトルをおすすめします。疲れた身体に冷たい水は本当に最高です!

・食料品
途中に山小屋もあるので、食べ物にはそれほど困らないかもしれませんが、ちょっと小腹が空いたとき、栄養バー一本食べるだけでも全然違いますよね。ウィダーインゼリー等のドリンクゼリーや熱中症対策用の塩飴などがおススメです。

・トレッキングポール
ポールをついている人を見て、本当にあれ意味あるの?なんて思って私もずっと使っていませんでしたが、ある日使ってみてビックリ。あるのとないのでは足への負担が大違いです。一本か二本かはその人の好みによって違いますが、登りでも下りでも大活躍してくれます!

・ヘッドライト
暗い山小屋での移動や作業、早朝の山歩きなどに使えます。普通の懐中電灯でもかまいませんが、両手があくので何かと便利です。

この他のものは普段の旅行と同じようようなものを揃えればOKです♪

夏登山はどんな服装でいけばいいの?

登山時の服装は、普段着ているような半そで半パンで全く問題ありません。

ただ夏といっても、山の朝は冷え込む場合もあります。念のため長袖シャツと長袖ズボンも持って行きましょう。

このとき気を付けてもらいたいのは、綿素材のものは避け、速乾性の高いものを選ぶこと。夏の登山は日差しが強いので、つばが広めの帽子も必ず忘れずにかぶっていってくださいね!

初心者の方もそうでない方も北アルプスの絶景を眺めながら最高のトレッキングを楽しんできてください!

スポンサーリンク