生活に役立つ豆知識まとめサイト

日常生活での疑問や豆知識についての情報発信ブログです。

部下の上手な叱り方|部下のモチベーションを下げずに叱る方法とは?

      2016/03/30

スポンサーリンク

 

近年、部下を「叱る」のはますます難しくなってきています。

叱り方によっては、パワハラと受け止められてしまうことがあるので、叱り方に気を使うこともあるでしょう。

また人間関係がぎくしゃくしてしまうことを恐れて、叱れないこともあるかもしれません。

しかし叱ることがなければ、それは会社、さらには部下にとってさえマイナスとなることもあるのです。

部下のモチベーションを下げずに叱るにはどうしたらよいでしょうか?

ここでは部下の上手な叱り方をご紹介します。

・まずは親しくなる

人間関係

http://toyokeizai.net/articles/-/89389?page=3

日ごろから部下との良い関係を築いていれば、お互いに気持ちを伝えやすくなります。

信頼関係ができていれば、部下は叱られても提案を素直に受け止めやすくなるでしょう。

仕事の休憩時間などに、自分から近づいて打ち解けて話せるような機会を探してください。

部下を緊張させないために、自分がまずリラックスすることが大切です。

たまには飲みに連れて行ったりして、相手をよく知るというのも良い方法です。

スポンサーリンク

 

・相手の立場になって考える

思いやり

https://welq.jp/4624

もし自分が相手だったら、どういう叱られ方が受け入れやすいだろう?と考えます。

だれでも頭ごなしに叱られたり、皆の前で恥をかかされる仕方で叱られることは望みません。

相手の人格を否定するようなことや、誇張した言い方も避けます。

たとえば、「君はいつもそうだ」「どうして皆はできるのに、君だけできないんだ」という言い方は避けます。

また、どうして部下はそうしたのか、その原因を知るなら解決策が見えてきます。

相手を否定するより、相手のしたミスに目を向けさせ、それと同時にどのようにしたら改善できるか指導しましょう。

・叱る「時」を選ぶ

叱るタイミング

http://allabout.co.jp/matome/cl000000000408/

感情的な叱り方は、あなたにとっても部下にとっても益がありません。

部下からは、あなたがただストレスを発散させているだけ、と思われてしまいますし、感情的になって後で後悔することを言ってしまうかもしれません。

感情が爆発しそうになっているなら、少し時間を置いて冷静になってから叱る方が、お互いのためになるでしょう。

部下に分かってもらうために、何をどのように話すかよく考えてから叱るほうが効果があります。

・改善が見られたなら「ほめる」

部下を褒める

http://diamond.jp/articles/-/83856

部下が叱られたことを受け止め、ミスを改善しているなら心からほめてあげましょう。

部下はあなたを一層信頼し、仕事に対するモチベーションも上がるでしょう。

さらに大きな仕事を部下に任すことにもなり、部下の成長にもつながります。

部下との良い関係を築くのには、努力と時間が必要です。

仮に叱り方において失敗したと感じても、改善していくことはできます。

ぜひ以上の点を職場の良い雰囲気づくりにお役立てください。

スポンサーリンク