生活に役立つ豆知識まとめサイト

日常生活での疑問や豆知識についての情報発信ブログです。

女性保険の選びご紹介!女性特有の病気に対応!万一に頼れる保険は?

   

スポンサーリンク

 

生命保険に加入する時には、自分の求める保障プランを選ぶことがポイントです。

どんなに安い保険料でも、肝心の保障内容が求めるものと違えば保険料もムダに感じてしまいます。

ここでは、女性向けの保険についてご紹介します。

保険の基本を選択する

保険の基本

http://www.fragrances123.com/

保険には生命保険という万が一死亡した時に保険金が支払われる生命保険と、病気やケガで手術したり入院した時に保険金が支払われるなど、生存していても支払い対象になる生存保険があります。

生命保険と生存保険をセットにしたものや、医療保険、ガン保険などそれぞれ単体で加入できるものもあります。

まずは保険の基本となるものから自分が求めるものを選びましょう。

女性特有の病気に対する保険

医療保険は入院日額、手術、退院後の通院で保険給付金が支払い対象になります。

そこに女性特有の病気に対して保障を手厚くしている医療保険があります。

2011年の段階で12人に1人の女性が乳がんになるというデータもありますし、その後も増加傾向にあります。

子宮がんも若い世代から子宮頸がんの発症の可能性があるので、女性のための医療保険には女性特有の病気に特化しているものを選ぶのが安心です。

女性向けの医療保険では、特定の女性疾患以外の病気でも手術や入院でも給付金が支払われますし、特定の女性特有の病気の場合はさらに給付金が上乗せされますので、幅広い保障の準備ができます。

スポンサーリンク

 

終身タイプと定期タイプ

保険には一生涯の保障が続く終身タイプと期間を定めた保障の定期タイプがあります。

終身タイプの方は途中で保険が終わってしまわないので安心感がありますが、定期タイプに比べると保険料が少し高くなります。

定期タイプの方が保険料を安く抑えるのには適していると言えますが、保険期間が終わり、新たな保険に加入する時には年齢が高くなり、今までよりも保険料が高くなることもあります。

保険期間中に大きな病気をすると新たに保険に入る時に色々な制限を受けることもあります。

終身タイプと定期タイプにはぞれぞれにメリットとデメリットがあるのでどちらが優れているとは決められません。

ただ、保険商品はどんどん新しくなり保障内容が手厚くなっているのに安い保険料の新商品も続々と出るので、終身タイプと定期タイプを上手く組み合わせて万が一に備えるのが良いのではないでしょうか。

女性のおすすめの保険

女性おススメ保険

http://seihonavi.net/

女性特有の病気に備えることができる女性向けの医療保険は各保険会社に色々なパターンで準備されています。

おすすめなのは、定期的に祝い金というちょっと嬉しいお金を貯められるタイプです。

3年、5年、10年など、予め設定した期間、健康に過ごせた時に祝い金が受け取れると保険料をずっと支払うだけで終わらないのでボーナスみたいで嬉しくなります。

自分へのご褒美に保険でお金を貯めるのも良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク