生活に役立つ豆知識まとめサイト

日常生活での疑問や豆知識についての情報発信ブログです。

くしゃみ2回で悪い噂されてるって本当?

      2016/01/11

くしゃみ

http://hapila.jp/sneezing

昔から、くしゃみをすると「誰かがあなたのこと噂してるよー」という一言。

これは、誰もが絶対聞いたこと、言ったことのあるセリフですよね。

日本中であまりにも使われている、この迷信の起源って一体どこから?

まさかとは思うけど、本当にそんなことあるの?

みんなが抱く、素朴な疑問にスポットライトをあててみました。

スポンサーリンク

 

回数ごとに噂の種類が変わる!?

噂

http://kiirowa.biz/pawahara/pawahara2/pawahara2-00360.html

実はこの迷信、くわしく言うと、くしゃみが出た回数によって、どんな噂をされているのかが変わるんですよ。

諸説あるようですが、「一そしり二笑い三惚れ四風邪」という、ことわざがあります。1回は批判、2回は笑われ、3回は惚れられ、4回は風邪というぐあいです。

もう一つの説は、「一に褒められ、二にふられ、三に惚れられ、四に風邪」です。

こちらは、1回は褒められ、2回はふられ、3回は惚れられ、4回は風邪というわけですね。

どちらの説でも、2回は笑われ・・ふられ・・なので、くしゃみ2回は悪いうわさと言われる由縁なんでしょうね。

それにしても、くしゃみ4回は風邪。なんて、すでに話のオチ以外の何物でもないだろうと思うのは私だけでしょうか(笑)

スポンサーリンク

 

くしゃみという言葉のルーツ

昔の人がこんなに、くしゃみにこだわるのには、実は理由があります。

そもそも、「くしゃみ」という言葉の語源は、「嚔(くさめ)」という言葉です。

「くさめ」という言葉をどんな時に使ったかというと、人が「くしゃみ」をした時です。

くしゃみをした時に「くしゃみ」「くしゃみ」って言うわけです。なんのこっちゃ?なんですが、昔の人にとっては大問題でした。

なぜなら、くしゃみをすると鼻から魂が抜けると信じ、くしゃみをするたびに寿命が縮まると恐れられていたからです。

そんな時、早死にしないために「くさめ」という呪文を唱えていたんですね。

くしゃみをする度に、「くさめ」「くさめ」と呪文を唱えていたので、この現象自体を「くしゃみ」と言うようになったんですね。

くしゃみの本当の原因

すでにご存知であったとは思いますが、くしゃみは悪い噂のせいではないことが、はっきりお分かりいただけたかと思います。

くしゃみの本当の原因は、ホコリや細菌、ウイルスといった異物が鼻の粘膜を刺激することによるもので、異物を外に出して、体を守るための大切な防御反応です。

裏をかえせば、くしゃみがたくさん出るということは、体を守らなければならない事態に陥っているとも言えるかもしれません。

そういう意味では、くしゃみが出ているということは、体にとって「悪い」コンディションであることに間違いはないようです。

こう考えてみると、「くしゃみ4回は風邪」は、途中、話のオチだと言ってしまいましたが、これは意外に正解かもしれません。失礼しました。

スポンサーリンク