生活に役立つ豆知識まとめサイト

日常生活での疑問や豆知識についての情報発信ブログです。

あがり症克服法!人前で話すのが極度に苦手な人にお勧めの方法とは?

      2016/04/03

あがり症

http://todaeiji.com/955

あがり症の様々な症状、例えば手足が震える、顔が赤くなる、心臓がドキドキするなどは誰でも経験したことのあるものです。

もしあなたがあがり症で悩んでいるなら、あなただけが特別なのではありません。

そして、考え方とちょっとした訓練であがり症は克服できます。

人前で話すときに緊張を和らげるコツについてご紹介します。

スポンサーリンク

 

あがり症について見方を変える

ひらめき

http://adhd-smile.com/2015/10/10/post-16/

人前で話す時、極度に緊張してしまうかもしれません。

それで自分だけが異常なのではないか?とついついネガティブな思考になってしまいます。

しかし、人前であがってしまうのは自然な生理現象で、誰にでも起こりうるということを覚えておきましょう。

緊張感はアドレナリンを作り出し、エネルギー量を増大させます。

そうしたエネルギーは、力強く熱意のある話し方をするのに必要です。

それで、適度な緊張感には益があるということを意識すると良いでしょう。

スポンサーリンク

 

話す内容に注意を集中させる

スピーチ

http://magazine.voxt.jp/scene/20150331

まず人前でスピーチなどをするときには、話す内容をよく準備してください。

話の中で、特に相手に知ってもらいたい点に思いを留めます。

それを相手が知ることにどんな意義があるのかに注意を集中させます。

自分ではなく、相手側に注意を向けることによって、自分が緊張しているということを忘れやすくなるでしょう。

また、自分が準備した話が相手のために益になるという確信があるなら、それは自信にもつながります。

話をぜひ伝えたいという気持ちが強くなり、話について感じる不安は薄れます。

声に出して練習してみよう!

スピーチ練習

http://thechange.jp/chospng0718-13335.html

声に出して練習するなら、伝えたい考えを言葉で言い表す自信がつきます。

話の要点を記憶する助けにもなるので、自分の言葉で自然に話すことができるようになるでしょう。

話の出だしはゆっくり話すように意識し、声に出して何度も練習してみましょう。

練習の時は相手が聞いていることを思い描き、話をする時と同じように、椅子に座るか、立つかしてください。

話の前に深呼吸する

深呼吸

http://mendy.jp/articles/view/938710

緊張したら、話をする前に何度か深呼吸をしましょう。

全身をゆったりとリラックスさせてください。

緊張していることについて考えるよりも、準備した話を相手に聞いてもらいたい理由について考えます。

話の前に聴衆を見渡し、親しみ深い顔を見つけて微笑んでみるなら緊張はほぐれるでしょう。

緊張感を完全になくすことを期待してはなりません。

むしろ緊張感を制御する仕方を学ぶようにしましょう。

日常の生活で落ち着きを保つことや、気持ちを込めて話をすることも効果があります。

日々のそうした訓練は、実際に自信をもって話すのにとても役立つでしょう。

スポンサーリンク