生活に役立つ豆知識まとめサイト

日常生活での疑問や豆知識についての情報発信ブログです。

自動車保険を安くする方法やコツは?おすすめプランは?

      2016/04/16

自動車保険

https://www.kuruvia.com/articles/knowledges/123/

自家用車を所有することは色んな費用が必要になりますね。

自動車税、燃料費、車検費用、駐車場料金と車を購入後にもお金がかかります。

自動車保険も負担の大きい費用です。

しかも、保険会社や補償内容によって保険料が大きく違うものなんです。

自動車保険をできるだけ安くする方法と損をしない比較ポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

 

自動車保険会社の選び方は?

保険会社

http://dzhoken.com/ranking/

自動車保険には、損害保険会社の代理店を介して加入する方法と、ネットや電話からダイレクトに加入する方法があります。

自動車を販売するディーラーや中古車販売店では、損害保険会社の代理店契約をしているケースがほとんどです。

そのため、初めて自動車を購入する時には販売店で加入することも多いです。

この場合、補償内容もよくわからないまま高い保険に入っていることもあります。

自動車保険を安くするなら代理店を介さない通販型がおすすめです。

通販タイプを比較する

テレビコマーシャルでもよく見かける通販型の自動車保険でも各保険会社によって保険料が違います。

同じ補償内容でも保険料が安くなるなら一番安い保険会社を選びたいですね。

比較するポイントです。

1.インターネット割引

インターネット割引は代理店に支払う手数料がないため保険料を安くできるというメリットです。

2.ゴールド割引

優良ドライバーでゴールド免許の人は割引対象になることもあります。

3.年齢制限・運転者限定

運転する人の年齢が若いと事故のリスクが高くなりますから、運転する人の年齢を限定できる場合は安くなります。

運転者を限定して、その以外の人が運転した場合は補償の対象外になる特約もあります。

4.走行距離

あまり車を利用しない場合は保険料を安くできる特約です。

休日しか使わない場合や、通勤には使用しないど用途条件で違います。

保険に詳しくない人でもチェックしやすいのがこの4つです。

スポンサーリンク

 

比較サイトを活用してみる

自動車保険比較サイト

http://www.travelinsurance-tatsujin.com/point/hikakusite/

今までの自動車保険よりも安くするためにはとにかく色んな保険会社と比較してみることが一番です。

ただ、保険の内容を確認するのは専門知識がないと難しいものです。

そこで便利なのが複数の保険会社を一気に比較できる便利なサービスです。



現在の保険の内容と同じ条件で一番安くなる保険会社を見つけることができます。

さらに独自の割引サービスがある保険会社なら今までよりも補償内容が良くなって保険料が安くなる可能性もあります。

現在の自動車保険の証券を用意して入力するだけで複数の保険会社の保険料がわかるので活用してみましょう。

証券がなくても、契約内容を確認できる更新のお知らせの郵便物があれば大丈夫です。

自動車保険は補償も大切!

自動車保険補償

http://www.carhoken-tokoton.com/main/ansin.html

自動車保険は事故を起こした時にはとても大切なものです。

安さだけを追求すると万が一の事故の時に困ることも無いとは言い切れません。

通販型の自動車保険ではインターネットだけで契約できますが、補償内容に不安がある場合は、コールセンターで相談してから契約するようにしましょう。

スポンサーリンク