生活に役立つ豆知識まとめサイト

日常生活での疑問や豆知識についての情報発信ブログです。

偏頭痛と吐き気の原因と治し方!薬を飲まずに治す方法とは?

      2016/04/07

偏頭痛

http://www.skincare-univ.com/article/002098/

急に頭がズキンズキンと痛くなる偏頭痛

痛みがある間は、動くことができず寝込んでしまうなど、日常生活に支障をきたします。

仕事や家事を休むわけにもいかないので、ついつい鎮痛剤に頼ってしまうかもしれません。

しかし、鎮痛剤は副作用が強く、長期間服用するならだんだん効かなくなってくるでしょう。

できれば薬に頼らずに治したいですね。

今回は、偏頭痛とそれに伴う吐き気の起こるしくみ、そして薬を飲まずに治す方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

 

偏頭痛と吐き気の原因は?

疑問

http://www.clovergarden.biz/tell/info/

偏頭痛は、収縮していた血管が拡張することによって引き起こされます。

脳の太い血管が拡張すると、太い血管の周りにある周囲の神経が刺激されます。

その一つ、「三叉神経」という一番太い神経が刺激を受けると、神経ペプチドという物質が放出されます。

これが痛みのもととなる物質で、血管の周りに炎症が起こります。

これが原因でさらに三叉神経は刺激され、悪循環に陥ります。

また、三叉神経が刺激されることにより、嘔吐中枢にも刺激が伝わります。

そのため、頭痛だけでなく、吐き気や嘔吐などの随伴症状があらわれてしまうのです。

スポンサーリンク

 

薬を飲まずに偏頭痛を治すには?

ポイント

https://smocca.jp/ire/75/

鎮痛剤は一時の効果はありますが、副作用が強いので、長期間服用するなら心臓の細胞が破壊されてしまいます。

そこで、薬を飲まずに治す方法をご紹介します。

1.患部を冷やす

保冷剤を患部に当てて数分間様子を見ましょう。

拡張した血管が再び収縮することによって、痛みがおさまってくるでしょう。

水を飲むことによっても、体温が下がり血管が収縮します。

外にいて保冷剤が手に入らない時は、まず水分をとりましょう。

2.良い姿勢を保つ

いつも足を組むなど、偏った姿勢は血流を悪くします。

普段から意識して、猫背を治すなど良い姿勢を保ち、正しい呼吸法も身に着けてください。

腹式呼吸をし、息を深く吸い、吐き切るようにしてみましょう。

3.規則正しい睡眠をとる

不規則な睡眠は、偏頭痛を引き起こします。

寝不足によって頭痛を感じる場合は、すぐに横になって体を休めましょう。

逆に、昼まで寝てしまうような寝過ぎも偏頭痛の誘因となります。

毎日同じ時間に就寝、起床するよう心がけてください。

4.ツボを押す

足の親指内側に、三叉神経のツボがあります。

足ツボ用の、ツボ押し棒があると良いでしょう。

親指内側の面と直角に棒を当て、30秒ほど強く差し込みます。

10分ほど繰り返しましょう。

息を止めずに、ゆっくり吐きながら押してください。

その他、ハーブティーを飲んでリラックスしたり、毎日少しのストレッチをすることなども役立ちます。

ぜひ健康的な生活習慣を身に着けて、偏頭痛を解消しましょう。

スポンサーリンク