生活に役立つ豆知識まとめサイト

日常生活での疑問や豆知識についての情報発信ブログです。

関東梅雨入り・梅雨開け2016年はいつ?梅雨入り・開けの定義は?

   

梅雨

出典http://neta-net.net/rainyseason2015

梅雨の時期は、洗濯物が乾きにくかったり、湿度が高くカビが生えやすかったりと、気分もジメジメしますね。

毎年、梅雨入りがいつ頃になるのか天気予報を気にされる方が多いと思います。

今年2016年の関東の梅雨入り、梅雨明けはいつ頃なのでしょうか?

そもそも梅雨入り、梅雨明けの定義とは?

梅雨に関する情報をご紹介します。

スポンサーリンク

 

梅雨入り・梅雨明けの定義とは?

疑問

出典http://manatopi.u-can.co.jp/work/150212_97.html

気象庁であっても、天気予報を正確に言い当てることはなかなか難しいですね。

気象庁が発表しているデータにも「頃」と使われている通り、梅雨入り・梅雨明けの日付けはあくまでも予想であり、確定日ではありません。

具体的に、いつ梅雨入りが発表されるかというと、停滞前線の影響で雨が降りやすくなると予測した時に「梅雨入り」が発表されます。

その後、南にある太平洋高気圧が張り出し、梅雨前線が北に押し上げられ雨が降りにくくなると予測した時に「梅雨明け」が発表されます。

気象庁が1週間の天気予測を元に発表するので、正確に宣言するのはほぼ不可能です。

そのため、現在では「宣言」ではなく、梅雨入り、もしくは梅雨明けしたと「みられる」という表現が用いられています。

観光地では、梅雨明けと共に観光客が増え賑わい始めるので、梅雨入り・梅雨明けの発表が影響を与えてると言えますね。

スポンサーリンク

 

2016年関東の梅雨入り・梅雨明けの予報は?

天気予報

出典http://moogry.com/index.php?req=%E5%A4%A9%E6%B0%97%E4%BA%88%E5%A0%B1

「梅雨」と聞くと、だいたい6月から7月初旬~中旬という印象がありますね。しかし、過去のデータを見ると毎年梅雨の特徴があります。

例えば、なんと5月初旬に梅雨が始まった年も。(1963年)

逆に、6月下旬に梅雨入りになった年もありました。(1967年と2007年)

約1か月半もの開きがありますね。

ちなみに、過去最も早い梅雨明けは7月1日でした。(2001年)

最も遅い梅雨明けは、なんと8月4日頃でした。(1982年)

過去65年のデータを分析した結果、2016年の梅雨入りは6月8日となりそうです。梅雨明けは、7月21日と予想されます。

毎年の梅雨明け平均値は7月19日頃なので、今年の梅雨明けは平年並みとなりそうです。

まとめ

今回は、今年2016年の梅雨入り・梅雨明け予想情報をご提供いたしました。

近年は、気候変動などで異常気象も見られます。ぜひ天気予報に注意を払い、雨による災害に備えをしてください。

ジメジメした天気は嫌ですが、水不足は稲などの農作物に深刻な被害を与えます。やはり、生命には雨は不可欠ですね。

雨の時期ならではの楽しみを見つけ、梅雨の時期を楽しく乗り切りましょう。

スポンサーリンク