生活に役立つ豆知識まとめサイト

日常生活での疑問や豆知識についての情報発信ブログです。

七夕そうめんの由来や意味は?おススメレシピと盛り付け例もご紹介!

   

七夕そうめん

出典 http://cooking.coop-kobe.net/recipe/9793.php

七夕にそうめんを食べる風習があることはご存知でしょうか?

そうめんは消化も良く食べやすいので、夏バテ防止にもなり、暑い夏にはよく合うメニューですね。

ではなぜ七夕にそうめんを食べるのでしょうか?

七夕にそうめんを食べる由来や意味を見ていきましょう。おススメのレシピと盛り付け例もご紹介します。

スポンサーリンク

 

七夕そうめんの由来は?

七夕そうめん

出典 http://mery.jp/156495

七夕のお祭りは、古代の中国から伝わって来ました。

「乞巧奠(きこうでん)」という中国の行事では、7月7日に織姫星に、機織りや裁縫が上手になるようにというお祈りがされました。この「乞巧奠」の行事が、奈良時代の遣唐使により日本に伝えられました。

七夕にそうめんを食べる由来というのは、中国の「索餅(さくべい)」という小麦料理から来ています。古代の中国では、「索餅」を7月7日に食べると、1年間病気をせず健康に暮らせるという言い伝えがありました。

やはり奈良時代に、遣唐使によって日本に伝えられ、日本でも7月7日に「索餅」を食べるようになりましたが、やがてそうめんに取って代わられるようになりました。

またこの時期に、そうめんを織姫の織り糸や天の川に見立てて食べられるようになったそうです。

七夕にそうめんを食べるのには長い歴史があるということですね。

スポンサーリンク

 

おススメの七夕そうめんレシピ

1.ぜりー寄せそうめん

ゼリー寄せそうめん

出典 http://www.daiei.jp/recipe/index.php/search/detail/20030801

そうめんはゆでる前に、長さを半分に切っておきます。表示されている時間でゆでた後、水を切っておきます。鍋にだし汁600ccを入れ火にかけます。

麺つゆで味付けをして、お好みの濃さに調節してください。だし汁に、ゼラチン5gを加えて良く煮溶かします。ゆでたそうめんを器によそい、その上からだし汁を流し入れます。粗熱がとれたら、冷蔵庫で冷やし固めてください。

固まったら器を逆さにして、お皿によそいます。

トッピングは、星形に切り抜いた人参やおくらを飾ります。錦糸卵も添えましょう。

そうめんを入れたお皿に、あらかじめ人参、おくら、錦糸卵をしいてからだし汁を流し込んでもきれいですよ。

冷たいゼリー寄せですので、暑い夏にはうれしい一品ですね。

2.七夕そうめん

そうめんを表示通りにゆでたら、器によそいます。錦糸卵をそうめんの上の中央に細長く盛り付けます。星形に切り抜いた人参やオクラをトッピングにして、盛り付けましょう。

トッピングにする野菜は、他にもトマト、きゅうりなどを使うと彩がきれいになります。麺つゆを上からかけていただきます。

美味しいそうめんはのど越しもよく、夏にさっぱりといただけますね。

スポンサーリンク