生活に役立つ豆知識まとめサイト

日常生活での疑問や豆知識についての情報発信ブログです。

【お盆玉】風習の発祥と相場はいくら?ポチ袋はどんなものがいい?

      2016/05/21

お盆玉

出典 https://twitter.com/bengo4topics/status/631352630028021760

「お盆玉」という言葉を知らない人も多いでしょう。

お盆玉は、お盆に子供や孫に渡すお小遣いのことで、最近始まった新しい習慣です。お小遣いをもらう側からはうれしい習慣ですね。

お盆玉はいつから始まった風習なのでしょうか?相場はだいたいいくら位?お盆玉用のポチ袋はある?

気になる「お盆玉」について見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

お盆玉の発祥は?

お盆玉は、ここ近年始まった習慣だと思う方も多いと思いますが、実は古い歴史のある習慣なのです。

東北地方の一部では、江戸時代から始まったものですが、お盆になると奉公人にお小遣いや下駄を渡す習慣がありました。それが徐々に、子供に衣類や下駄を渡す習慣となって各地に広がっていき、昭和に入ると、子供にお小遣いを渡す習慣に変わりました。

その習慣を取り入れて、お盆玉用のポチ袋を開発したのが紙製品メーカーのマルアイです。マルアイは、2010年に「お盆玉」を商品登録して販売を始めました。

その後、郵便局で「お盆玉袋」が2014年7月より販売されるようになり、お盆玉の習慣が全国でも広まって来たのです。

もともとは、夏になると労をねぎらって子供に生活必需品や勉学に励める物を渡していたので、現代でも必ずしも現金を渡す必要はないかもしれません。

ただ物を渡す場合は、必要なものがあるかどうかを確かめてからのほうが喜ばれるでしょう。

スポンサーリンク

 

お盆玉の相場は?

お盆玉の相場

出典 http://news.hoken.dokomado.jp/article/2284

お盆玉の相場は、お年玉と同じように各家庭によっても異なるでしょう。お年玉よりやや少なめにという家庭もあれば、お年玉と同じ金額という家庭もあるかもしれません。

一般的な相場としては、小学生は3千円~5千円位。中学生は5千円~1万円位。高校生以上は1万円以上。

以上が一般的なお盆玉の相場のようです。

しかし最近始まった習慣ですので、期待しているお子さんもそれほど多くはないかもしれません。気持ち程度の金額でも喜ばれるでしょう。

お盆玉用のポチ袋は?

ポチ袋

出典 http://www.iza.ne.jp/topics/entertainments/entertainments-7703-m.html

お盆玉用のポチ袋は夏の一番暑い時期に渡すので、夏らしいイメージのポチ袋が人気があります。

「お盆玉」と書いてあるものはもちろん、「宿題がんばれ」や「自由研究費」、「またおいで」などと書いてあるユニークなデザインも人気があります。

帰省して久々に会う孫や親戚の子に渡すことが多いので、子供も夏休みの帰省が楽しみになりそうですね。

子供が好きなキャラクターのポチ袋も喜ばれるでしょう。

これから定着してくる新しいお盆玉。

金額や渡すかどうかなども、各家庭によって意見も異なるでしょう。親戚が集まった機会に意見を交換してみてもよいかもしれませんね。

スポンサーリンク