生活に役立つ豆知識まとめサイト

日常生活での疑問や豆知識についての情報発信ブログです。

冷房で身体の冷えが辛い!夏の冷房病対策はどうすればいい?

   

冷房病

出典 http://www.gonzalezforschools.com/other/cooling/

夏場のオフィスは冷房がすごく効いているので、身体の冷えがとても辛く感じませんか?

特に、室内と外の温度差があると体調も崩しがちになってしまうのではないでしょうか。

そこで今回は、冷房病の対策法についてのお役立ち情報についてお伝えしていきますので、参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

 

冷房病はどうして起こるの?どんな症状が出る?

冷房病は、室内と外との気温に温度差が生じることによって、自律神経が乱れてしまうために起こります。

気温が5℃以上の急激な変化を繰り返すことで、身体が温度の変化についていけずに体調を崩してしまうこともよくあります。

冷房病に見られる症状には、身体の冷えのほか、身体が怠くなる・食欲がなくなる・頭が痛くなる・生理不順になる・神経痛になるというものがあります。

冷房病の対策法はどうしたらいい?

冷房によって身体が冷えすぎないようにするには、室内と室外の温度差が5〜7℃以内にするようにしましょう。

とは言っても、オフィスだと設定温度が保たれていますから自分で変えるのも難しいですよね。

できるだけ風を直接身体に当てないようにしたくても、冷房の風がもろに当たるなんてこともありますから、冷えが辛くて困ってしまいますよね。

そんな時には、薄手の長袖を羽織る・膝にブランケットをかけるだけでも寒さをしのぐことができますよ。

その他には、薄手の腹巻きをするという方法もあります。

スポンサーリンク

 

根本的に冷房病の対策をするには?

冷房病の症状を良くするには、体質を改善していくことが必要不可欠です。

女性は男性に比べて、筋肉の量が少ないので普段から運動をして身体を鍛えて、筋肉の量を増やすことを心がけましょう。

筋肉の量が多いと、自分の体内で熱を発生させる能力が高くなるので、冷房病にもなりにくくなりますよ。

それから、身体を温める食べ物を普段から摂るようにしましょう。

しょうが湯も身体を温めるのに効果があります。

また、ビタミンEと鉄分を含む食品も積極的に摂るようにしましょう。ビタミンEを多く含んでいる食品は、以下の物があります。

・アーモンド
・ウナギのかば焼き
・西洋カボチャ
・ピーナッツ
・イカ
・サンマ
・ニラ
・カツオ
・本マグロ(中トロ)
・納豆
・ピーマン
・とうもろこし
・枝豆
・プロセスチーズ
・パセリ
・人参
・インゲン

鉄分を多く含む食品には次のようなものがあります。

・豚レバー
・ヒジキ
・鶏レバー
・あさりのむき身
・スズキ
・ウルメイワシ
・切り干し大根
・煮干し
・豆乳
・カツオ
・そら豆
・ゴマ
・きな粉
・アーモンド
・桜えび
・大正エビ
・卵黄

それから、忙しいとつい朝食を抜いてしまいがちになりますが、ちゃんと食べるようにして下さいね。

冷えの症状がとても辛い時には、病院へ行って漢方薬を処方してもらい、飲み続けることで体質が改善されて冷えにくくなる効果が見込めますよ。

スポンサーリンク