生活に役立つ豆知識まとめサイト

日常生活での疑問や豆知識についての情報発信ブログです。

結婚式の招待状の返信はどのタイミングがいいの?招待状の書き方は?

   

結婚式招待状返信

出典 http://www.mwed.jp/jyuku/categ38/lecture438/

友人や職場の関係者などから結婚式の招待状が届いた時に返事の書き方マナーについてご存知ですか?

親しい間柄でも、冠婚葬祭に関することは正しいマナーを知っておかないととても恥ずかしい思いをすることがあります。

予め知っておくと良いマナーについては調べておくに越したことはありませんね。

そこで、結婚式の招待状のマナーについてご紹介しましょう。

スポンサーリンク

 

招待状の書き方~表

結婚式の招待状も最近はオリジナルでアイデアに満ちたものがありますが、基本としては同じです。

返信用の宛名には、招待する人の名前に「行」と書かれていますので、まずはその「行」を二本の線で消します。

そして消した「行」の左に「様」と書き直しましょう。

この時、「行」の文字よりも少し大きめの「様」で書くようにしましょう。

筆ペンなどで書かないとダメというわけではなく、ボールペンでも問題ありませんが、色は必ず黒で書くようにしてください。

招待状の書き方~裏

招待状の裏面には、出席と欠席の意志を伝える記載があります。

どちらかを丸で囲みます。

この時、「ご出席」「ご欠席」とあるので「ご(御)」は二本線で消して出席、欠席にだけ丸で囲むようにします。

出席できる場合は「慶んで」と付け加えると寄り良い印象になります。

そして余白のスペースには

「おめでとうございます。
お二人の晴れの日を楽しみにしております。」

「おめでとうございます。
お二人の門出の日に立ち会えるのが嬉しいです。」
など短いメッセージを添えるのも良いですね。

スポンサーリンク

 

招待状の返事を出すタイミング

結婚式の招待状が届いたら遅くとも1週間以内には出すようにします。

親しい間柄では、招待状を送る前に出欠席の意向を直接伝えあうことも多く、欠席になることは少ないと思いますが、どうしても欠席しなければいけない場合はいきなり招待状で欠席を伝えるのではなく電話などで事情を説明するようにしましょう。

例えば、出産の予定と重なるとか事情によっては仕方ないケースもあります。

きちんと言葉で事情を伝えてから招待状を送るようにしましょう。

この時、欠席の理由を招待状に細かく書くのはマナーとして失礼です。

病気などネガティブなことを理由に書くのもおめでたいことには不向きなのでぼかして書くようにしてください。

結婚式の招待状は、数か月前から日時が決まっていることが多いので、「多忙」というような理由は失礼ですが、結婚式シーズンでは、結婚式が重なることもあり得ないことではありません。

そのような場合はやむを得ないことなので、その旨を伝えてから招待状の返事を出しましょう。

スポンサーリンク