生活に役立つ豆知識まとめサイト

日常生活での疑問や豆知識についての情報発信ブログです。

HDLコレステロールが基準値より高い原因は?どんな弊害があるの?

   

HDLコレステロール値

出典 https://welq.jp/27081

健康診断の結果などを見てコレステロール値に関して気になるところがあると一般的には「高脂血症」や「動脈硬化」など血液がドロドロになってるようなイメージがあります。

でも、コレステロールには悪玉と善玉があります。

ここではHDLコレステロール値に関することを確認していこうと思います。

コレステロール値に気になることがある方は参考にしてください。

スポンサーリンク

 

HDLコレステロールとは

HDLコレステロールは善玉コレステロールと呼ばれます。

なぜ善玉なのか?と言いますと、HDLコレステロールは、体内の余分なコレステロールを肝臓に運ぶ役割をするものなのです。

一般的に健康に良くないと言われる悪玉コレステロールはLDLコレステロールというものです。

この悪玉コレステロールが多すぎると血液をドロドロにしてしまいますので心臓に負担をかけたり、血管にダメージを与え、動脈硬化を起こすリスクが高くなります。

善玉コレステロールは同じコレステロールでも全く正反対の役割をするものなんです。

HDLコレステロールの正常値

血液検査などでHDLコレステロールが基準範囲よりも低いと高脂血症、虚血性心疾患、動脈硬化などの病気の危険が高まっていることを示しますので、適切な治療や対処法を行わなければいけません。

上限もありますが、一般的には基準値よりも高くても問題はなく異常な高値でなければ治療の必要はないと考えられています。

1デシリットルの血液の中に含まれるHDLコレステロールの基準値は成人男性なら40ミリグラム~86ミリグラム。

成人女性なら40ミリグラム~96ミリグラムです。

悪玉のLDLコレステロールは70ミリグラム~139ミリグラムが基準です。

悪玉の数値が高いのはもちろん問題ですが、悪玉コレステロールが基準値だとしても善玉コレステロール値が低ければ問題です。

コレステロール値はHDL(善玉)とLDL(悪玉)のバランスがとれていることが重要です。

スポンサーリンク

 

HDLコレステロールの上限

善玉であるHDLコレステロールは基準値よりも少し高くなっているくらいなら特に心配はありませんが、異常に高い数値の場合は原因を探る必要があります。

120ミリグラムを超えるほどの高い数値の場合は高HDL血症として注意が必要になります。

原因としては、遺伝的な要素もあります。

もともと中性脂肪を分解する酵素を持っていない、もしくはその機能が弱いという体質の場合は高いHDLコレステロールになります。

他にも原発性胆汁性肝硬変や閉塞性肺疾患、インスリンの投与などで起こる高値もありますが、一般的にはアルコールを大量に飲む習慣があると高いHDLコレステロールになることがあります。

いくら善玉コレステロールだとしても高すぎる数値の場合は何らかの異常があるかも知れません。

基準値よりも大きく超えている場合は甘く考えずにきちんと原因を突き止めるようにしましょう。

スポンサーリンク