生活に役立つ豆知識まとめサイト

日常生活での疑問や豆知識についての情報発信ブログです。

うなじのニキビやしこりの原因と治療法!毎回同じ箇所にできるのはなぜ?

   

うなじニキビ

出典 http://healthil.jp/29305

うなじにニキビができてお悩みではありませんか?

特に、うなじは目立つ部分ですし見られてしまうと嫌ですよね。

また、ニキビがしこりのようになっていると痛みも出てくるので辛いのではないでしょうか?

そこで、今回はうなじにできるニキビの原因や治療法などについて解説していきます。

スポンサーリンク

 

うなじにできるにきびの原因

うなじは身体の中でも皮脂腺が発達している場所であり、汗などの分泌物が多いことからニキビができてしまいやすい環境です。

特に、思春期以降は性ホルモンの分泌が活発になりますから、全身から分泌される皮脂も多くなります。

うなじにできるニキビの原因で一番多いのは、シャンプーやリンス、トリートメントが充分に洗い流せていないことが挙げられます。

リンスやコンディショナーには、髪に潤いや艶を出すために油脂成分が多く含まれています。

きちんと洗い流せていないことによって、毛穴に皮脂成分が残ってしまった結果、うなじにニキビができてしまうのです。

男性はシャツとネクタイで首元が締め付けられることで、首元に余裕がなくなってしまいます。

この状態で首がシャツにこすれてしまい、その結果ニキビができる・・・ということになるのです。

スポンサーリンク

 

うなじのしこりニキビの原因

しこりニキビになってしまうのは、ホルモンバランスの乱れによるものが原因です。

ホルモンバランスが乱れることで、ターンオーバー(古い角質が落ちて新しい皮膚に変わること)の周期が通常よりも遅れてしまいます。

ターンオーバーの働きが正常に行われなくなることで、古い角質が肌の表面を覆ってしまい、毛穴から老廃物や皮脂が外に出せなくなるために詰まりが起き、その結果しこりニキビができる・・・というわけです。

ホルモンバランスは簡単に崩れてしまいやすく、女性の場合は生理前になるとしこりニキビができやすくなるという人もいますが、これもホルモンバランスの乱れによるもの。

それから、食生活が偏っていると、しこりニキビを悪化させる原因になります。

手軽に食べられるパンなどは、実は消化が悪いという話を耳にしたことがあります。

食生活とニキビには、密接な関係があったんですね。

うなじニキビの治療法について

うなじニキビの治療には、市販の治療薬でも充分に効果が期待できます。

市販の治療薬には、殺菌作用と角質を柔らかくしてくれる作用があるため、ニキビの腫れを素早く抑えてくれます。

この作用によって、赤みが酷くなったり色素沈着が悪化するのを防いでくれるという効果があります。

ただし、化膿してニキビが悪化した・・・という場合は、すぐに病院へ行って治療を受けて下さい。

病院では、塗り薬や抗生物質・抗菌剤などの内服薬を処方してくれます。

また、症状の度合いによってはレーザー治療など保険適用外となる治療法もあります。

同じ場所にニキビができる理由

ニキビができると、どうしても潰してしまいがちだと思いますが、化膿したニキビの場合潰すことで膿と血が出てきますよね?

これによって症状が改善されたと感じるかもしれませんが、実はちゃんと膿を出しきれていない可能性があります。

そのため、同じところにまたニキビができる・・・という繰り返しになってしまいます。

また、使っているシャンプーが肌にあっていないということも考えられます。

実際にシャンプーを変えたという人の話を聞くと、それまで使っていたシャンプーの使用を止めたことで、うなじのニキビが良くなったのこと。

「また同じところにニキビができた!」と感じたら、シャンプーを変えてみるというのも一つの方法かも知れません。

スポンサーリンク