生活に役立つ豆知識まとめサイト

日常生活での疑問や豆知識についての情報発信ブログです。

【七五三】7歳女の子の着物の着付け方や帯の結び方は?

   

七五三7歳女の子

出典 http://www.koto-beauty.com/anniversary.htm

子供の成長を祝う行事として七五三は思い出に残りますね。

七五三は三歳が女の子の「髪置き」、そして五歳の男の子が行う「袴儀」、そして最後の七歳が女の子の「帯解き」と三回の行事のことを合せて呼んでいます。

地域によっては七五三の風習にも多少の違いがありますが、基本的には全国的に同じでしょう。

ここでは、七五三の最後の行事となる女の子の7歳の時の着物に関することをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

3歳の着物の違い

七五三の最初の行事となる3歳の女児の時の着物は作り方が違います。

3歳の七五三の着物はお宮参りと時に使ったものを作り直して活用することもできます。

男の子の5歳の時の着物にもお宮参りの時の着物を活用できますので一度しか使わないお宮参りの着物ですがその後に使うこともできるんですよ。

3歳の時の女児の着物は背中の真ん中に縫い目のないもので着物の上に被布という袖なしの羽織のようなものを着せるのが一般的です。

帯も兵児帯という柔らかいものを結びます。

3歳の時には着物を着せるのも一苦労なので最近ではワンピースやドレスなど洋装で神社にお参りする姿も増えています。

7歳の七五三の着物

7歳になると女の子は自分の好みもハッキリしてきます。

キレイな着物を着て七五三をお祝いすることの意味も理解できるようになります。

7歳の女児の七五三は「帯解き」と呼ばれる儀式だけあって着物は大人の着るものとほとんど同じように仕立てることになります。

四つ身の着物で、肩の裄だけが大人の仕立てと違う点です。

帯の結び方も大人の振袖と同じように飾り結びをします。

履物も草履やぽっくりになります。

スポンサーリンク

 

着付けと帯結びの方法

7歳の着物の着付けは大人の着物とほとんど同じです。

準備する小物も大人が振袖を着る時と同じように揃えましょう。

・着物
・長襦袢と肌襦袢
・裾除け
・帯
・帯揚げ
・帯枕
・帯板
・伊達締め2本
・腰ひも5本
・帯締め
・しごき
・三重紐
・足袋
・草履

最低限揃えておきたいものがこの程度です。

襦袢の半襟などは前もって準備しましょう。

着付けを勉強された方なら問題ないですが、自分で着るのと人に着付けるのとではやはり違いがあります。

お子さんは苦しくなると気分が悪くなって楽しめなくなるので、気持ちよく過ごせるためには着付けのプロにお任せすると安心でしょう。

着物は買う派?レンタル派?

七五三の着物は購入するとなるとかなり高価なものです。

小物から全て買いそろえるとなると数十万以上の出費となります。

レンタルの場合は、着付けから髪のセット、そして記念撮影までセットになっているコースもあり、経済的な負担は少なくなります。

ただ、7歳の女の子になると自分の好みもハッキリするため、レンタルでは好きな着物が選べないというデメリットもあるでしょう。

反物から誂える、仕立て上がりを購入するよりもレンタルの方が便利なことは間違いないので、できるだけ多くの選択肢の中から選べるように早めに予約することがポイントです。

スポンサーリンク