生活に役立つ豆知識まとめサイト

日常生活での疑問や豆知識についての情報発信ブログです。

花粉症の症状とは?花粉症の効果的な対策法をご紹介!

      2016/02/05

http://www.lifehacker.jp/2015/03/120305kafunshohanaugai.html

http://www.lifehacker.jp/2015/03/120305kafunshohanaugai.html

2月に入れば、そろそろ花粉の季節ですよね。

辛い季節がやってきて、憂鬱な人もたくさん、いらっしゃると思います。

「自分は花粉症じゃないから、関係ない。」と思っている人も安心できませんよ。

今は兆候がなくても、突然に始まるのが花粉症です!

そして、症状をなるべく軽く抑えるのにカギとなるのが、早めの対処です。

花粉症の効果的な対策について、正しい知識を持っておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

花粉症の主な症状

花粉症の症状は、風邪の症状とよく似ているので、間違われることがあります。

違いをきちんと見わけて、正しく、早めに対処しましょう。

1.鼻の症状
・連続して、くしゃみが出たり、くしゃみの回数が多い。風邪だと、あまり何度も繰り返しでない。
・鼻水が、透明でさらさらしている。風邪の場合、黄色くて粘り気がある。
・鼻づまりで息ができないくらい苦しい。

2.眼の症状
・目がかゆい。風邪では、目のかゆみは、ほぼない。
・目の充血。
・目やにがひどく出る。
・目に異物感があり、ごろごろする。

スポンサーリンク

 

花粉症対策

http://www.lifehacker.jp/2015/03/120305kafunshohanaugai.html

http://www.lifehacker.jp/2015/03/120305kafunshohanaugai.html

1.外出時
・花粉多い時間帯は、午後1時~3時頃です。できるだけ外出を控えましょう。
・帽子やマスク、メガネ、マフラーなどを着用し、花粉の侵入、付着を防ぎましょう。
・衣類は、ウールなどの花粉がつきやすい素材ではなく、表面がサラッとした素材のものを着用しましょう。

2.帰宅時
・玄関に入る前、衣類についた花粉をしっかり払い落としましょう。
・家に入ったら、すぐに洗顔、うがいをします。目、鼻、顔についた花粉を洗い流しましょう。

3.家にいる時
・ドアや窓を閉めて、部屋の中に花粉が入らないようにしましょう。
・こまめに掃除をして、入りこんだ花粉が部屋で舞い上がらないようにしましょう。

4.寝具の手入れ
・花粉が多い時期には、外に布団を干さず、布団乾燥機などを活用しましょう。

5.生活習慣
・ストレスをためないようにしましょう。免疫のバランスが崩れて、花粉に過剰に反応するようになります。
・アルコールを飲むと血管が広がり、鼻づまりや目の充血などの症状を悪化させますので、気をつけましょう。
・タバコの煙は、粘膜を刺激して、鼻づまりを引き起こす原因になります。

喫煙者が近くにいる場合は、空気清浄機を使ったり、マスクを着用するなど注意が必要です。

目と鼻のセルフケア

http://healthil.jp/9769

http://healthil.jp/9769

花粉症でつらいのが、なんといっても目と鼻の症状です。

そこで大切なのが、目と鼻に付着した花粉をしっかり洗い流すことです。

ただし、水道水で目や鼻を洗浄することはおすすめできません。

目や鼻の細胞や粘膜を傷つけるおそれがあるからです。

目は人工涙液で、鼻は市販の鼻洗浄液か生理食塩水(約0.9%の食塩水)を使って洗いましょう。

スポンサーリンク