生活に役立つ豆知識まとめサイト

日常生活での疑問や豆知識についての情報発信ブログです。

二千円札は一体どこに消えた?ある県の流通量だけは凄い!

   

http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g144142693

http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g144142693

二千円札って最近ほとんど見なくなったという声をよく聞きませんか?

「そんなお金もあったな。」と二千円札の存在すら忘れかけている人も多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

 

二千円札が作られた経緯は?

二千円札は小渕恵三内閣が2000年7月19日に発行した紙幣で、ミレニアム(2000年)と第26回主要国首脳会議いわゆる「沖縄サミット」を記念して沖縄の観光名所、首里城の「守礼門」をあしらって作られました。

発行量としては、2000年度に7億7千万枚、2003年度に1億1000万枚の合計8億8000万枚が発行され市場に流通しました。

発行理由として欧米では2の倍数の紙幣が一般的に使われていることから、「国際化」の一環として発行したんだというような意見もありますが、真偽は定かではありません。

実際の流通量として把握されているのが、2004年8月に5億1000万枚が市場に流通したのが最大で、2006年以降は1億万枚程度までしか流通しなくなり、我々の誰もが感じているように「二千円札はなくなったの?」という程度にしか認識されていません。

スポンサーリンク

 

使われなくなった二千円札はどこに消えたの?

http://homepage3.nifty.com/~sirakawa/Coin/S029.htm

http://homepage3.nifty.com/~sirakawa/Coin/S029.htm

ほとんど手にすることがなくなった二千円札。一体どこに消えてしまったのでしょうか?

大体の予想がつく人もいるかと思いますが、そうなんです!発行された大半の二千円札は日本の中央銀行である「日本銀行」の金庫に保管されてしまっているのです!

現在市場に流通している二千円札ってどれくらいか想像つきますか?

なんと、全数量のたった1%!道理で二千円札見ないわけですね。

二千円札が流通する唯一の県とは?

二千円札が流通していないというのは、ある県の人を除いて実感できると思います。

では、二千円札が流通しているある県とは一体どこの県なのでしょうか?

それは、二千円札の絵柄にも採用された守礼門がある沖縄県です!

http://www45.tok2.com/home/todo94/trip/flight-okinawa.htm

http://www45.tok2.com/home/todo94/trip/flight-okinawa.htm

沖縄県は二千円札のモデルになった経緯もあり、二千円札を積極的に流通させたいという想いから「二千円札流通促進委員会」なる組織まで作り、さらに「二千円札大使」なる認定制度まで発足させて官民挙げて流通促進に躍起になっているようです。

こういった沖縄県の活動の結果、2011年8月末時点で沖縄県の二千円札流通量は350万枚を突破したということです。

350万枚という数字がどれほどの流通量なのか分かりづらい方のために参考として沖縄県の人口140万人(2011年12月末時点)で計算してみると、実に沖縄県民一人あたり2~3枚所有していることになります。

一人当たり2、3枚所有しているって結構凄いことだと思いますが皆さんはどう思われますか?

まとめ

二千円札は多くの人が目にしなくなってきていて、将来、プレミア貨幣となる可能性もあるほど流通量が少なくなってきていますが、唯一沖縄県だけ大量に出回っているという面白い現象が起きているのが現状のようです。

二千円札の価値上昇を見込んで、密かに集めている人がいるかもしれませんね。

スポンサーリンク