生活に役立つ豆知識まとめサイト

日常生活での疑問や豆知識についての情報発信ブログです。

婚姻届提出、受付可能な時間帯は?遺産相続との意外な関係性とは?

   

http://www.city.hikari.yamaguchi.jp/sicyou/dousei-m9-y2015.html

http://www.city.hikari.yamaguchi.jp/sicyou/dousei-m9-y2015.html

婚姻届の受付時間を正確に把握している人って何人いるでしょうか?

市役所が開庁している時間帯(大体8時30分~17時15分)でしょうか?

答えは「NO」です!

よく芸能人が深夜0時に婚姻届を提出!なんていう芸能ニュースを見たことってありませんか?

市役所はとっくに閉まっているはずなのにどうしてそんな時間に提出できるのでしょうか?芸能人だから特別?特別料金でも払っているから?色んなことを想像してしまいますね。

でも実は、芸能人だから特別というわけではなく一般の人でも市役所の開庁時間外であっても24時間、365日いつでも婚姻届を提出し、受け取ってくれるんです!

スポンサーリンク

 

婚姻届はなぜ24時間365日受付可能なの?

婚姻届が24時間365日いつでも受付できるのは、行政が善意で行っているサービスというわけではなく、遺産相続の法律が関係しているからなのです!

https://welq.jp/7123

https://welq.jp/7123

遺産相続と婚姻届の関係性ってあるの?と疑問に思われた人に分かりやすく説明致します。

婚姻届は出していないものの、一緒に生活している事実婚の男女がいるとしましょう。

二人は婚姻届を提出していないため、民法上、お互い配偶者として認められていません。配偶者として認めらていない以上、事実婚の状態であっても、例えば男性が不幸にも亡くなってしまった場合、残された女性は亡くなった男性の遺産の2分の1を相続する権利が認められないことになります。

男性が死亡する直前にでも婚姻届を提出して受理されているという事実があれば、女性には遺産相続の権利が認められますが、婚姻届が出される前に男性が死亡してしまった場合には、当然女性の遺産相続権は消滅してしまいます。

もし市役所が24時間365日いつでも婚姻届を受理するというサービスを行っていなければ、女性から「男性が死亡する前に結婚の合意はあったのに、市役所が閉まっていたために婚姻届を提出できなくて、遺産相続権が消滅してしまった。」と難癖をつけられる可能性がありますね。

こういった遺産相続のトラブルを回避するために市役所は24時間365日いつでも婚姻届を受理しているというわけなんです!

スポンサーリンク

 

婚姻届の提出方法はいろいろあるって知ってた?

婚姻届って法律上の行為なので、受理も厳しそうなイメージを持ってしまいがちですが、実は受理されやすいように提出方法も複数あります。

http://www.mwed.jp/jyuku/categ43/lecture211/

http://www.mwed.jp/jyuku/categ43/lecture211/

婚姻届は本人のみならず代理人にお願いして提出することができます。さらに現住所の市役所だけではなく一時滞在場所での提出も認められています。

ちなみに婚姻の成立日は、婚姻届を提出した日に市役所が受付年月日を記録した日となります。

深夜受付で万が一、書類に不備があっても翌日には市役所から連絡が入るので心配は不要です。

まとめ

婚姻届が24時間365日いつでも受付できるのは、行政の善意のサービスではなく、遺産相続という法律上の問題から行われているんです!

スポンサーリンク