生活に役立つ豆知識まとめサイト

日常生活での疑問や豆知識についての情報発信ブログです。

受験勉強集中にチョコレートが効果を発揮!その秘密教えちゃいます♪

   

チョコレート

http://www.chocolabo.com/

みんなが大好きなチョコレート、実は受験生の強い味方だったのをご存知ですか?

チョコレートのすごい効果を徹底解剖しちゃいます!

スポンサーリンク

 

チョコーレートで頭スッキリって本当!?

勉強疲れ

https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/6747

チョコレートには疲労回復、特に脳疲労と精神疲労の回復に効果があるといわれています。

その秘密は、チョコレートの主要な原料である「カカオ」にあります。

実はこの「カカオ」、その昔アステカ帝国では、医薬品として珍重されていたくらいの優れものなのです。

脳に効くとされているチョコレートの成分がこちらです。

・テオブロミン
テオブロミンが、大脳皮質を刺激すると、集中力、記憶力、思考力が高まり、やる気がアップします。

また、自律神経を調節する作用もあります。

チョコレートを食べると副交感神経が活発になり、リラックスした状態になるのです。

勉強で疲れたな・・と思ったら、チョコレートでいったん脳をリセットさせて、効率アップを図りましょう。

・フェニルアルデヒド、ジメチルピラジン、フェニルメチルヘキサナール
これらは、チョコレートに含まれている香りの成分です。

中枢神経系に作用して、集中力を高める効果があります。

チョコレートを食べる時には、香りまでしっかり味わいながら食べましょう。

・ブドウ糖
脳を「エンジン」に例えるならば、ブドウ糖はエンジンを動かすための「ガソリン」です。

とりわけ、脳は体全体の消費エネルギーのうち、20~30%を必要とするほど食いしん坊なので、ガス欠にならないように定期的に補給することが大切です。

・カルシウム、鉄分、マグネシウム、亜鉛、リンなどのミネラル
ミネラル成分は、脳の代謝に必要不可欠な栄養素です。

精神状態を安定させたり、肉体の疲労回復にも効果的。

スポンサーリンク

 

チョコレートの効果的な食べ方

チョコレート

http://bi-diekko-chan.com/diet/diet-food/5027/

1.食べるタイミング
チョコレートを食べた約1時間後が、血糖値や抗酸化作用のピークとなり、2時間もたてば、徐々に下がってしまいます。

頭が働いてほしい時間がピークになるように狙って、1時間前に食べるようにしましょう。

また、研究によると、人は午後2時に眠気を感じやすいと言われています。

この時間帯に集中しなければいけない場合には、眠気を吹き飛ばすためにチョコレートを食べて、脳へのブドウ糖補給をおこないましょう。

2.食べる量
食べる量は、板チョコであれば4分の1から2分の1程度が適量です。

3.温度
可能であれば、チョコレートを冷蔵庫で冷やしておきましょう。

冷たい刺激で脳が活性化されるので、リセット効果が高まります。

さらに、噛んだ時の冷たさが三叉(さんさ)神経を通じて刺激となり、脳の血管が広がって血流がよくなります。

血流がよくなるとブドウ糖が脳にどんどん送られ、代謝も改善されます。

まとめ

チョコレートの効果いかがだったでしょうか?受験勉強のお供に是非活用してください。

もちろん、食べすぎには十分注意が必要ですけど。。。

スポンサーリンク