生活に役立つ豆知識まとめサイト

日常生活での疑問や豆知識についての情報発信ブログです。

入学祝いお返しマナー|返す時期は?のしの書き方や手紙の文例は?

   

入学祝い

http://mail-club7.net/1421.html

入学シーズン、お子さんの成長の大きな一歩を見るのは楽しみですね。

お子さんの喜ばしい門出を見るのは親戚の方にとっても大きな喜びです。

入学祝をいただいた場合どのようにお返ししたらよいのでしょうか?

お返しの時期はいつがいいの?喜ばれる品物は?のしの書き方はどうしたらいいの?といった疑問についてまとめてみましたので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

 

1.返す時期と品物は?

内祝い

http://informatio.xyz/archives/186.html

地域の習慣によって異なりますが、入学祝いのお返しは本来不要です。

入学祝いは、お子さんが気をちらされることなく勉学に励めるように、という願いがこめられています。

入学祝いは親にではなく、お子さんへのお祝いですので、収入のないお子さんにお返しは期待されていません。

しかし感謝の気持ちを表すために、お返しは一般的だと考える地域もあります。

お返しについては、地元の人の習慣を考慮するとよいかもしれません。

お返しをする場合、費用をかけすぎてしまうとお互いに負担になってしまうでしょう。

お祝いをした側は、もっとお子さんのためになることにお金を使ってほしいと思うからです。

それでお返しにかける費用は、いただいたお祝いの3分の1程度でよいでしょう。

一般的には、後に残らない実用的なものが喜ばれます。

たとえば
・コーヒー、お茶
・日持ちのするお菓子
・ドレッシング
・石鹸や入浴剤
などです。

お返しの際はお家を訪問して、直接渡すと感謝の気持ちが伝わります

そのときは必ずお子さんが直接感謝の言葉を伝えることが大事です。

遠方に住んでいる場合は電話をかけたり、手紙を書いて感謝を伝えることもできます。

お返しは、お祝いをいただいたらあまり日を空けずに、おそくとも一か月以内にはするようにしましょう。

スポンサーリンク

 

2.のしの書き方や添える手紙の文例は?

入学内祝い

http://girlschannel.net/topics/327909/

お返しののしは本来つけなくても大丈夫です。

もしつけるのであれば、紅白のリボン結びをし、表書きのリボンの上段に「内祝」と書きます。

その他「御礼」「入学内祝」でも結構です。リボンの下段にお子さんの名前をフルネームで書きます。

手紙の場合、お子さんが直筆で書いたものを添えると喜ばれます。

「ありがとうございました。いただいたお金で、新しいノートと筆箱を買ったので、これから勉強を頑張ります。」などと書いてはどうでしょうか?

小学校1年生でまだ字が書けず、書いた字が読めないとしても大丈夫。

親御さんが注釈をすみに書いてあげればよいのです。

お子さんの愛らしい心のこもった字は、その後何年たっても記念に残るはず。

お祝いをあげた側も、役立つものにお金を使ってくれてよかったと思うはずです。

スポンサーリンク